徒然なるままに♪

日常の出来事を時々UPしています☆ヾ(・_・。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公休消滅

iori080924.jpg

美容院に予約をいれたその直後、まるで行動を見透かされているかのようなタイミングでケータイが鳴る。
ゲッ、職場からだ・・・。着信音を聴いた瞬間、相手の用件を無意識にあれ是とシミュレーションしてしまうのは哀しい習慣で、嬉しくもないがこういう予測は大抵的中する。つまり・・・、
月末までの公休が消滅した。起こり得るものは全てに於いて、「想定の範囲内」でなければならないが、今の心境を仮に例えるならば長いトンネルを走行中、微か向こうに出口が見えてきたと思ったら対向車のライトだった。みたいな。
スポンサーサイト

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/24(水) 01:17:18|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

秋蝉

iori080920.jpg

日中は心地よく吹き抜ける風がとても爽やかで凌ぎやすいが、夜も更けると窓を開けたままで過ごすのをためらうほど肌寒い。日毎にやっと、秋「らしさ」を実感できるような気候になってきた。
今年こそは紅葉のピークを外さないように出掛けたい!。って、何だか毎年同じ事を言っている様な気がする。

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/20(土) 01:15:58|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

(ずっと)仕事

iori080913.jpg

ほんの少しお疲れモード。世間が3連休に突入も、相変らずカレンダーの色とは無関係のところで仕事に明け暮れる毎日なのであるが、それに対しての不満は一切ない。大抵の場合はオフが平日な為に世間が汗を流していらっしゃる姿を横目に趣味の世界に没頭できたり、ある時には真っ昼間からスイスイと宴の席に着いたりと、プライベートでは割合にフレキシブルな感覚でいられる居心地の良さに救われているからかも知れない。身体のリズムや気持ちのバランスを巧にコントロールしながら、それを持続するのは難しいけれど大切な部分なのだとつくづく思う。 [(ずっと)仕事]の続きを読む

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/13(土) 17:18:37|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

砂丘へ

iori080910.jpg

浦富海岸から国道9号線を10キロほど西へ走り、鳥取砂丘を目指す。ライダーだった頃はよくここを走っていた。沿岸から望む夕日、タイトなコーナーが続く道、その微かで曖昧な記憶を辿ろうとしたが、今では中央分離帯のある片側2車線のバイパス道に整備されていて、当時の面影や懐かしさは何処にも感じられなかった。
そして到着。南北2.4km、東西16kmにも広がる砂丘は国内最大の面積をもち、2007年には日本の地質百選に選定された山陰海岸国立公園の特別保護地区と大きく記されていた。今回は浅めの皮靴を履いていたので、あまり砂の上を歩くのは気が進まなかったけれど、遥々ここまで来たのだからと一歩ずつ慎重に進みながら、それでも足元が気になって仕方なかった。


おまけです。
ラクダに乗れば楽だと言ってたけれど
iori080910-2.jpg

・・・全然、面白くねぇ  (←嘘つけ、笑ってただろう伊織)

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/10(水) 00:23:31|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

浦富海岸

iori080905.jpg

青年の頃、日本海での海水浴は砂浜海岸よりも多少危険でも岩場のほうに好んで出掛けて、よく遊んでいた。波が穏やかな日は海底の様子がハッキリと目視できるほど透明度が高い。その光景をもう一度見てみたいと思い、1200円の乗船券を買って遊覧船乗り場へ向かった。・・・まではいいのだけれど、その日は朝から天候が悪く海は荒れていた。しかしそれでも船は出航した。
僅か20~30分の短い遊覧も、あと5分も長かったらヤバかったかも知れない。
船酔いは、お酒に酔うのと全然違うし・・・(@Д@;

船内からの、おまけ画像です。
iori080905-2.jpg

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/05(金) 06:38:06|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

余部埼灯台 (御崎灯台)

iori080901.jpg

餘部鉄橋から更に北方向へ5分程、車を走らせて日本で最も高所(標高284m)にある余部崎灯台へ向った。この日は雨の予報だったにも拘わらず、晴れ間が広がり青い日本海も一望できた。見下ろせば香住海岸が続く。2005年には夕陽百選に選定された景観は昼間でもそれなりの眺めだったが、日没の時間帯にココへ立てば、もしかすると感動の涙が止まらなくなっていたかも知れない。

更におまけ。
iori080901-2.jpg
灯台の前で回れ右すると、こんな感じ・・・

テーマ:写真にコトバをのせて - ジャンル:写真

  1. 2008/09/01(月) 15:58:22|
  2. D300
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

伊織

Author:伊織
It may be the last this year to continue blog. I thank all members. Thank you!

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事アーカイブ

2012/12 (3)

2012/11 (4)

2012/10 (4)

2012/09 (3)

2012/08 (4)

2012/07 (4)

2012/06 (4)

2012/05 (5)

2012/04 (6)

2012/03 (5)

2012/02 (5)

2012/01 (4)

2011/12 (6)

2011/11 (4)

2011/10 (5)

2011/09 (4)

2011/08 (5)

2011/07 (5)

2011/06 (5)

2011/05 (7)

2011/04 (6)

2011/03 (3)

2011/02 (5)

2011/01 (2)

2010/12 (4)

2010/11 (6)

2010/10 (6)

2010/09 (6)

2010/08 (8)

2010/07 (7)

2010/06 (7)

2010/05 (7)

2010/04 (7)

2010/03 (5)

2010/02 (6)

2010/01 (8)

2009/12 (7)

2009/11 (8)

2009/10 (8)

2009/09 (8)

2009/08 (6)

2009/07 (4)

2009/06 (6)

2009/05 (4)

2009/04 (8)

2009/03 (9)

2009/02 (6)

2009/01 (6)

2008/12 (6)

2008/11 (8)

2008/10 (7)

2008/09 (6)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (9)

2008/05 (9)

2008/04 (8)

2008/03 (7)

2008/02 (6)

2008/01 (8)

2007/12 (7)

2007/11 (9)

2007/10 (7)

2007/09 (7)

2007/08 (5)

2007/07 (6)

2007/06 (8)

2007/05 (8)

2007/04 (5)

2007/03 (8)

2007/02 (8)

2007/01 (9)

カテゴリー

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。